経営幹部・マネージャー・リーダー対象:経営者向け講演会・勉強会 等に講演「65歳雇用時代の人事・賃金制度」

講演「65歳雇用時代の人事・賃金制度」

経営幹部・マネージャー・リーダー対象:経営者向け講演会・勉強会 等に
講演「65歳雇用時代の人事・賃金制度」とは

激変を続ける社会経済状況の中で、日夜経営改善に努めていらっしゃる経営者の皆様・・・
「2007年問題」と言われる、団塊の世代が60歳を迎える時期がもうすぐそこまで来ています。
それに加えて、「改正高齢者雇用安定法」により、企業は平成18年4月1日以降、高齢社員の働き方の見直しをつきつけられています。
企業としては、対応を緊急に検討しなければなりません。準備はお済みですか?

どこからとりかかればいいのか?具体的にどんな手段があるのか?

組織改革支援に多数の実績を持つコンサルタントが「今やるべきこと」「めざすべき姿」「具体的な方法」について、事例を交えてお話しします。

講演「65歳雇用時代の人事・賃金制度」構成 [2〜3時間]
1. 改正高年齢者雇用安定法の概要と実施スケジュール
(1)法改正のポイント
(2)厚生年金の仕組み
(3)高年齢者の雇用確保措置スケジュール
2. 「高年齢者雇用確保措置」わが社はどれを選ぶべきか
3. 最大メリット・最小デメリットで対応できる継続雇用制度の作り方
4. 継続雇用で得する社会保険の加入テクニック
(1)社会保険へ加入しない勤務形態
(2)再雇用の場合だけつかえる同日得喪
5. 公的年金、雇用保険を最大限活用した得する賃金設計のテクニック
6. 継続雇用定着促進助成金の活用を検討する場合の留意点
7. 継続雇用を拒否したい社員への対応法
(1)選別基準の合理性とは
(2)有期雇用契約・継続雇用期間中での雇い止め
(3)退職勧奨と際就職支援
(4)選別基準が明確でない企業での継続雇用拒否
8. 従業員のモラールアップをどうするか
9. 継続雇用にかかわる不利益変更問題を整理する
(1)再雇用であれば不利益変更の問題は関係ない
(2)年次有給休暇の扱い
10. 就業規則の改定と雇用契約書のポイント
11. 継続雇用者のための職務再設計をどうするか(高年齢者の活用事例)
12. これからの継続雇用制度の運用ポイント

この教育・研修プログラムについてのお問合わせ
皆様からのご意見・ご質問をお待ちしております。お気軽にお問合わせください。