「営業力強化プログラム」

営業職対象:隠れたニーズを掘り起こし、求められるものを提供する
「営業力強化プログラム」とは

ビジネスの構造は大きく変わりました。中でも、お客様と作り手(売り手)間の関係は大きく変化しました。

市場の成熟化 ・縮小化と情報社会の発達により、お客様の側にビジネスの選択権が大きく移行しています。いまやお客様の声を聞かない企業に未来はないのです。

「営業力強化プログラム」は、プロフェッショナル・キャリア ・カウンセラー®が、豊富な経験と確かな実績に基づき構築した実践的カリキュラムで、現場の問題解決にそく反映できるノウハウを学べます。

営業力を特につけさせたい方や、中堅社員の研修に、ぜひご活用ください。

営業力強化プログラム構成 [3時間~]

はじめに営業とは~あなたもお客様もともに満足のいくビジネスを
1.消費者の心理を考える
・消費者は「何」を買いにきたのか
・自分の要望(イメージ)を満足させてくれるもの
・現状への不満/不都合の解消
2.消費者の欲求を引き出す
・できるだけ多く話してもらう
・欲求には優先順位がある
3.正当な対価とは
・予算を探る
・値引き要求に対処する
4.あなたを売る
・あなたを通して商品を信頼する
・安心 ・信頼感を与える
・接客の留意点
・訪問の留意点
・電話の留意点
・クッション言葉の利用
5.商談の進め方
・商談の目的を考える
・タイミングが重要
・選択権は消費者にある
・困った客に対処する
6.クレーム対応
・クレームはお客様からの贈り物
・クレームの未然防止
・クレーム対応

この教育・研修プログラムについてのお問合わせ
皆様からのご意見・ご質問をお待ちしております。お気軽にお問合わせください。